happysmileの日記

庭いじりと猫と雑貨が好きな主婦の山奥ライフ

撮影会。

毎日の雨で外で遊べない猫ちゃんたち。

家の中で楽しいこと見つけようと、

ごそごそ探検が始まりました。

天井に吊るしたかごが気になって仕方ないようです。

じっとみつめています。

 

 

元気がなくなった観葉植物たち。

直射日光が当たらない場所をみつけて、

外に出してあげました。

いつもおもいます。

自然界の光りってまるで魔法のようだなって。

鉢植えの植物たちだって、

もう駄目かもしれないと思っても、

土に戻してあげると元気になったりします。

土も水も、みどりも、

地球上に生かされている私たちにとって

豊富にあるってとても幸せなことですね。
f:id:umebiwakibi:20180921090122j:image
f:id:umebiwakibi:20180921090143j:image
f:id:umebiwakibi:20180921090152j:image
f:id:umebiwakibi:20180921090207j:image
f:id:umebiwakibi:20180921090227j:image
f:id:umebiwakibi:20180921090244j:image
f:id:umebiwakibi:20180921090301j:image
f:id:umebiwakibi:20180921090310j:image

f:id:umebiwakibi:20180921090342j:image

f:id:umebiwakibi:20180921090330j:image
f:id:umebiwakibi:20180921090342j:image










降り始めました、、

また、雨になりました。

雨の嫌いなオウムのまるちゃんが

大騒ぎしています。

 

なつの酷暑から

やっと立ち直りつつこの頃に

目を見張るような美しい彼岸花ロード。

彼岸花がさくのに合わせて

きれいに草刈りをします。

しばし眺めていたい

年に一度の美しい光景です。

でも、この雨でもうおわるかもしれません。

そして、

山々に目をむけると、

栗の実がイガのなかで

美味しくおいしく成長しています。

畑ではさつまいももその時をまち、

朝、晩に寒さを感じる頃、

これらは

私たちに最高の甘さをプレゼントしてくれるのです。
f:id:umebiwakibi:20180920085001j:image
f:id:umebiwakibi:20180920085014j:image
f:id:umebiwakibi:20180920085021j:image
f:id:umebiwakibi:20180920085041j:image
f:id:umebiwakibi:20180920085054j:image




かくれんぼ。

さぁはじめるよ。

隠れる場所はいっぱいあります。

楽しそうに走ったり、

倒れたり、じゃれあったり、

たまに、

ちょと休憩。

 

水まきするために外にでると

急いでついてきます。

声をかけてあげると

ますますテンションがあがり

全速力で

転げるように走ります。

それがかわいい。

 

きびちゃん、調子に乗って

高いところまでかけあがってしまい

助けをもとめることも。

 

今日も平和だなぁ。
f:id:umebiwakibi:20180919080445j:image
f:id:umebiwakibi:20180919080503j:image
f:id:umebiwakibi:20180919080517j:image
f:id:umebiwakibi:20180919080530j:image
f:id:umebiwakibi:20180919080546j:image
f:id:umebiwakibi:20180919080601j:image
f:id:umebiwakibi:20180919080530j:image
f:id:umebiwakibi:20180919080657j:image
f:id:umebiwakibi:20180919080721j:image








庭模様

毎日ゆっくりと変わっていく

庭模様。

ふっと見上げると

5月のそらのした、青く生き生きしていた

葉っぱたちが、

ちょと疲れたいろにかわり

今度は、美しい色とりどりの姿に変わります。

たわわについている十両の実も

真っ赤に色づいて楽しませてくれるはず。

 

コスモスがふくらみはじめました。

1個だけ咲いていたしゅうめいぎくも

見事に咲いています。

 

日暮れが早くなったこの時期

ふともの悲しくもなります。
f:id:umebiwakibi:20180918084515j:image
f:id:umebiwakibi:20180918084535j:image
f:id:umebiwakibi:20180918084548j:image
f:id:umebiwakibi:20180918084559j:image
f:id:umebiwakibi:20180918084608j:image




秋ですね。

朝からいい感じの風が流れています。

玄関先の木で

つくつくぼうしがないていました。

力をふりしぼって、というように聞こえました。

気配を察してか2ひき飛んで行ってしまいました。

今年のセミの声も最後かな。

昼間は暑くても秋はもう来ているから。

庭に落ちてくる木葉が日々増えてきました。

 

 

私の膝から離れないきびちゃん。

抱っこが大好きなびわちゃんは

きびちゃんがおりるのをじっと待っているんです。

歳を重ねたうめちゃんは

少しはなれた場所からじーと見ています。

なにを思っているんだろう。
f:id:umebiwakibi:20180917095011j:image
f:id:umebiwakibi:20180917095022j:image
f:id:umebiwakibi:20180917095040j:image
f:id:umebiwakibi:20180917095100j:image
f:id:umebiwakibi:20180917095117j:image
f:id:umebiwakibi:20180917095129j:image





いい気持ちです。

朝のうち、地域の奉仕作業に行って来ました。

爽やかな風でいい気持ち、

帰り道、お行儀よく並んで少しずつ咲きはじめた彼岸花がそこらここらにいっぱい。

コロコロかわる天候の中、

ちゃんと自分の出番は覚えているようです。

お彼岸ですね。

 

ニオイバンマツリが

時期間違えて咲きました。

でもいい香りはちゃんと振りまいてくれてます。

色も鮮やかです。

 

今、鑑賞用のかわいいカボチャをよく見かけます、ツルツルで置物みたい。

長い間たのしませてくります。

 

今日のおまけ。

仲良しびわちゃん、きびちゃんです。
f:id:umebiwakibi:20180916123740j:image
f:id:umebiwakibi:20180916123754j:image
f:id:umebiwakibi:20180916123805j:image
f:id:umebiwakibi:20180916123819j:image



さいごの清流。

境目がわからない

我が家の裏山、裏庭きれいなるゆりが

至るところで咲いています。

山にさくこにゆり。

花が終わると風に飛ばされるような

小さな種がいっぱいできます。

冬になるまで

そのままにしておくと、ドライフラワー

できます。

派手ではないけれど、飽きのこない

個性あるドライフラワー

 

先日、出かけたかわいい雑貨屋さん

で購入した、ちょっと汚れ感のある

いい感じの深めのバケツとの相性抜群。

 

その雑貨屋さんのすぐそばをながれる

きれいな川。

ずーと見ていたい、吸い込まれるような

美くしすぎるこの川は、

最後の清流と言われる四万十川です。

この自然豊かな場所といつでも

ふれ合うことができるしあわせ。

感謝、感謝です。
f:id:umebiwakibi:20180915084130j:image
f:id:umebiwakibi:20180915084147j:image
f:id:umebiwakibi:20180915084202j:image
f:id:umebiwakibi:20180915084215j:image
f:id:umebiwakibi:20180915084226j:image